表紙にもどる 
文鮮明師と統一運動略史
西暦 月日 年齢 出来事
1920 陰1.6 0 平安北道定州に誕
1927 7 書堂で漢文等を修学
1930 10 この頃、家族がキリスト教に入教
1934 4.1 14 五山普通学校3年編入
1935 4 15 定州公立普通学校4年に転入
4.17 15 イエス・キリストより啓示を受ける
1938 3.25 18 定州公立普通学校卒業
4.12 18 京城商工実務学校(電気科)入学
18 この頃、「イエス教会」に通う
1940 2.11 19 創氏改名により「江本龍明」に改名
1941 3.8 21 京城商工実務学校卒業
3.31 21 「ひかり」号に乗り、釜山に到着
4.1 21 関釜連絡船「昌慶丸」で渡日
4 21 早稲田高等工学校入学
1943 陰1.6 23 平安南道で韓鶴子女史誕生
9.30 23 早稲田高等工学校卒業
1943 10 23 帰国 「崑崙丸」撃沈事件
1944 初旬 24 ソウル鹿島組に就職(電気技師)
10 24 京畿道警察部に逮捕、拷問
1945 2 25 釈放
3 25 鹿島組に再就職
8.15 25 終戦とともに退職
10 25 郭山の警察に一時拘束される
10-46.4 25 イスラエル修道院で6ヶ月間奉仕
1946 6.6 26 天啓により平壌に行く
6 26 金仁珠女史来教
7.17 26 金元粥氏来教
8.11 26 大同保安署に拘束。獄中に、再臨主を待つ「腹中教」の幹部もいた
9.18 26 獄中の腹中教教祖・許孝彬が文師を不信、文師は拷問受ける
11.7 26 玉世賢ハルモニ来教
11.21 26 釈放
1947 初旬 27 平壌で伝道開始
1948 2.22 28 内務署に拘束
4.7 28 公判で5年刑、平壌刑務所に収監
5.20 28 興南の監獄(強制収容所)に移送
1950 8.1 30 国連軍、興南工場を爆撃
10.14 30 大韓青年団の奇襲により解放
10.24 30 平壌に戻り、40日間弟子を訪問
11 30 この頃、空中にイエスの姿が出現
12.4 30 弟子と共に平壌から釜山へ南下
1951 1.27 30 釜山、草梁駅に到着
1.28 30 留学時代の友人厳徳紋氏に出会う
5.11 31 「原理原本」執筆開始
8 31 ダンボール小屋を建て、布教する
1952 5.10 32 「原理原本」完成
5.10 32 姜賢實女史(長老派伝道師)来教
12.1 32 李耀翰氏(牧師)入教
1953 12.24 33 劉孝元氏(ソウル大医学生)入教
1954 4.3 34 梁允永女史(梨大教授)入教
5.1 34 世界基督教統一神霊協会創立
10 34 崔元福女史(梨大助教授)入教
12 34 金永雲女史(梨大助教授)入教
1955 1.16 34 辛玉淳女史(霊能師)入教
3.24 35 梨花女子大教授ら5名退職処分
5.11 35 梨花女子大生12名退学処分
7.4 35 マスコミによる事実無根の報道と政府の圧力があり、文師逮捕
7.13 35 ソウル地方検察庁に送検後、西大門刑務所に拘留、拷問を受けた
10.4 35 文師、ソウル地方院で無罪判決
10.7 35 本部教会を青坡洞に移転
1956 5 36 李相憲氏(医師)入教
9.25 36 英語版「原理」発行
10.4 36 「聖歌」初版発行
1957 7.1 37 全教会員、7日断食をする
7.20- 37 夏季40日伝道
8.15 37 「原理解説」発行
12.26- 37 冬季40日伝道
1958 7.15 38 日本宣教開始(崔奉春宣教師)
1959 1.2 38 アメリカ宣教開始(金永雲宣教師)
10.2 39 日本統一教会創立
1960 1.1 39 第1次7年路程を設定
陰3.1 40 「父母の日」宣布
陰3.16 40 韓鶴子女史(洪順愛ハルモニの娘)と聖婚
陰3.16 40 聖塩を分配
陰3.21 40 3家庭聖婚式
4.17 40 「心情復活の日」宣布
8.16 40 増田勝氏、松本道子氏、40日開拓伝道(日本)
陰10.1 40 「子女の日」宣布
1961 4.17 41 「実体復活の日」宣布
5.15 41 33家庭聖婚式
1962 5.5 41 リトルエンジェルス結成
6.4 42 72家庭聖婚式
1963 7.24 43 124家庭聖婚式
陰6.6 43 「万物の日」宣布
10.4 43 韓国政府より財団法人認可
1964 7.15 44 日本統一教会宗教法人認証、久保木修己会長就任
7 44 全国大学原理研究会設立
1965 1.1 44 「成約週報」発刊(日本)
1.28 44 文師来日、第1次世界巡回路程出発(120ヶ国)
1.29 44 三橋夫人(学生時代の下宿大家)と再会
6.25 45 文師、アイゼンハワーと会見
9.20 45 アイゼンハワー、リトルエンジェルスを観覧
1966 1.5 45 心情のろうそく伝授
1.10 45 原理研究会創立(韓国)
5.1 46 「原理講論」初版出版
11.7 46 基督教超教派運動本部創立(韓国)
1967 2 47 台湾宣教開始
6.12- 47 来日、日本巡回路程出発
6.17 47 原理大修練会(日本)
9.3 47 大阪修練所(現・宝塚研修センター)開所
10.2 47 日本語版『原理講論』発刊
1968 1.1 47 「神の日」宣布
1.13 47 国際勝共連合創立(韓国)
2.22 48 430組合同結婚式(韓国)
4.1 48 国際勝共連合創立(日本)
4.5 48 光言社設立(日本)
5.22 48 韓日学生勝共大会(韓国)
6.29 48 「成約の鐘」発刊(日本)
12.23 48 韓日勝共大会(韓国)
1969 2.2 48 43組合同結婚式(日本は5.1に22組)
2.2 48 第2次世界巡回路程出発(21ヶ国)
1970 1.21 49 アジア勝共大会(韓国)
4.9 50 岸信介元首相、統一教会に来教
9.2 50 久保木会長、朴正煕大統領会見
9.20 50 WACL(世界反共連盟)世界大会、2万5千名結集(日本武道館)
10.21 50 777組国際合同結婚式
11.26 50 第1次原理公聴会(韓国)
12.1 50 3年間開拓伝道出発(韓国)
12.18 50 ニクソン大統領、ヒース首相、リトルエンジェルと親睦(ホワイトハウス)
12.20 50 「統一世界」発刊(韓国)
12.25-
 1.21
50 リトルエンジェルス、日本全国公演
1971 1.8 50 皇太子御夫妻(現天皇皇后両陛下)リトルエンジェルスをご観覧
5.14 51 久保木会長、蒋介石総統会見
6.16 51 久保木会長、ローマ法王会見
7.4 51 「週刊宗教」発刊(韓国)
11.15 51 エリザベス女王、リトルエンジェルスを観覧
12.26 51 株式会社「一和」設立(韓国)
1972 1.8 51 統一十字軍編成(米国)
2.3- 51 米国7大都市で講演
4.3 52 統一神学校開校(韓国)
8.20 52 統一思想研究院開設(韓国)
10.1 52 統一思想研究院開設(日本)
10 52 日韓学生親善セミナー開催
11.19- 52 リトルエンジェルス日本公演(日劇で40日連続公演および地方公演)
11.23- 52 第1回「科学の統一に関する国際会議」(ICUS)
12.26 52 美智子妃殿下(現皇后陛下)、常陸宮殿下夫妻、秩父宮妃殿下らリトルエンジェルス公演をご観覧
1973 1.1 52 国際機動伝道隊(IOWC)編成
4.8 53 岸信介元首相、統一教会に来教
5.6 53 世界平和教授アカデミー創設(韓国)
6.1 53 「統一思想要綱」発行
7.1 53 「勝祝日」宣布(米国)
7.20- 53 第1回国際指導者セミナー
10.1- 53 米国21ヶ都市講演
11.23 53 岸信介元首相、統一教会を訪問、文師と会談
1974 2.1 54 文師、ニクソンと会見(米国)
2.1 54 月刊「新天地」発刊(日本)
2.15- 54 米国32ヶ都市で講演
3.5 54 リトルエンジェルス芸術学校開校
5.1 54 「勝恨日」宣布(韓国)
5.7 54 「希望の日」晩餐会、文師講演後に福田赳夫氏スピーチ(東京)
7.1 54 「聖徒」発刊(日本)
7.21 54 救国連盟結成(起草委員長は松下正寿立教大総長)
8.15 54 日本人妻自由往来実現運動の会、「鳥でないのが残念です」を発行
9.14 54 日本人妻里帰り実現運動国民大会
9.18 54 マディソン大会(米国)
9.28 54 世界平和教授アカデミー創設(日本)
10.8 54 文師、米国会議事堂で招請講演
10.24-30 54 北朝鮮の日本人妻の里帰りを願う集会、600名が7日間完全断食
11.22 54 フォード大統領、リトルエンジェルスを観覧
1975 1.1 54 「世界日報」発刊(日本)
1.16 54 希望の日晩餐会(韓国)
2.8 54 1800組国際合同結婚式
2.11-13 54 希望の日講演会(東京・日本武道館)
5.1 55 総解怨式(韓国)
6.7 55 ヨイド大会、120万人参加(韓国)
9.20 55 統一神学校開校(米国)
10.21 55 千種研修センター完成(千葉)
12.18 55 米国上下両院招待記念講演
1976 陰1.1 55 統一式(韓国)
4.1 56 「ファミリー」発刊(日本)
5.- 56 この頃、統一教会員を脱会させる改宗屋の監禁施設が出現、以降多くの監禁被害者が生じる(日本)
6.1 56 ヤンキー大会、5万人参加(米国)
6.7 56 「週刊大衆」、統一教会に謝罪表明
9.18 56 ワシントン大会、50万人参加(米国)
10.4 56 「天勝日」宣布(米国)
12.10 56 文師講演集「為に生きる」出版
12.31 56 ニューズワールド発刊(米国)
1977 2.21 56 74組国際合同結婚式(米国)
2.23 57 「天地勝利の日」宣布(米国)
5.3 57 ドナルドフレーザー米下院議員が朴普煕氏を召喚
5.10 57 韓国統一神学校開校
7.1 57 本部教会新築献堂式(韓国)
12.1 57 救国連盟「日本再建への方案」出版
1978 1.1 57 「中和新聞」発行(日本)
3.22- 58 朴普煕氏、米国議会証言
4.9 58 京都府知事選で勝共連合の運動により蜷川・共産府政を倒す
5.21 58 118組国際合同結婚式(英国)
6.22 58 朴普煕氏、フレーザー議員を提訴
9.11 58 卓明煥氏、統一教会に公式謝罪
9.22 58 1610組約婚式(日本)
10- 58 第1回「世界言論人会議」
11.2 58 統一解怨式(韓国)
1979 4.1 59 野村健二氏、「幸福の探求」を著す
6.25 59 ソンターク博士「文鮮明と統一教会」を著す
12.5 59 「宗教新聞」発刊
1980 2.21 60 還暦祝賀行事(米国)
3.4 60 統一教会員を不当に拘束した病院に対し東京高裁が釈放を命令
4.15 60 第3次7年路程終了宣言
4.22 60 新聞Noticias del Mundo発刊
4.26 60 精神病院に監禁された統一教会員が高村正彦弁護士(90年・法務大臣)等の人身保護請求により解放
10.2 60 オーシャン・チャーチ開始
11.4 60 文師、レーガン当選予言記事を出す
12.18 60 笹本正樹宣教師、タンザニアで殉教
1981 3.28 61 国際クリスチャン教授協議会創立
5.4 61 映画「仁川」初公開(米国)
7.9 61 国際クリスチャン教授協会設立
10.1 61 林修三・元内閣法制局長官、原理研究会機関紙で改憲の必要を説く
10.26 61 強制改宗を目的に精神病院に入院させられた統一教会員が裁判で解放される(宇都宮地裁)
11.1 61 歴史編纂委員会発足(韓国)
11.10 61 「国際ハイウェイ構想」提唱
11.14 61 国際クリスチャン学生連合会創立
12.10 61 国際ハイウェイ建設委員会発足(日本)
12.26 61 第1回 神観会議(ハワイ)
1982 2.22 62 霊肉統一式(韓国)
4.1 62 国際ハイウェイ建設事業団発足
4.1 62 宗教時事研究所設立
4.3 62 朴鐘九(タイガー朴)氏、昇華
5.17 62 ワシントン・タイムズ発刊
7.1 62 2075組国際合同結婚式(米国)
7.1 62 世界宗教青年セミナー
7.16 62 NY連邦地裁、有罪判決(控訴)。
10.14 62 6000組国際合同結婚式(韓国)
10.25 62 新東京教会献堂式
11.1 62 女性月刊誌「女苑」、韓鶴子女史の特集記事を掲載(韓国)
12 62 日韓文化交流協会設立、金山政英元駐韓大使が会長就任
1983 3.13-25 63 韓鶴子女史、来日
4.3 63 「全体蕩減」のみ言(韓国)
5.24 63 日韓トンネル研究会設立、佐々保雄北大名誉教授が会長就任
6.26 63 尾瀬霊園開園式・第1回統一慰霊祭
7.10 63 スパイ防止法制定促進国民会議、「機密保護と現代」を著す
8.20-24 63 第1回「国際統一思想シンポジウム」(韓国・済州島)
12.14- 63 全国勝共決起大会(韓国8ヶ都市)
12.18 63 世界平和教授協議会世界大会
12.20 63 阿部正寿氏「堕落性の構造」著す
12.30 63 統一(宣誓)式(米国)
1984 1.2 63 次男文興進氏昇華
1.3 63 「愛勝日」宣布
1.8 63 文興進様世界昇華式
2.20 64 統一ペンテコステ、興進様聖婚式
4.13 64 ユニバーサルバレエ団創設
4.30 64 勝共会員700万人突破(韓国)
5.31 64 松下正寿立教大総長、「文鮮明・人と思想」を著す
5.14 64 勝共会員700万人突破(日本)
5.16 64 「愛天日」宣布(米国)
5.30- 64 宗教の自由大会(米国)
6.12- 64 宗教の自由の日・東京大会(日本)
6.14 64 宗教の自由大会(韓国)
6.26 64 米上院司法委員会公聴会で声明
7.20 64 ダンベリー刑務所収監(米国)
11.3-5 64 世界原理研究会発足、文孝進会長(ソウルで第1回世界原研大会)
11.15 64 ラプラタ・カトリック大、文師に名誉法学博士号授与
11.20 64 岸信介元首相、第7回世界言論人会議の議長を務める(東京)
12.4 64 神山威氏、出監
12 64 30万名の牧師に統一原理のビデオと書籍贈呈
1985 1.1 64 那須聖・元毎日新聞ニューヨーク支局長、「牢獄の救世主」を著す
2.1 64 「開天日」宣布(米国)「開天日」宣布(米国)
4.9-19 65 第1回「統一主義に関する米国牧師会議」(韓国、日本)
5.11 65 米国ショー神学校、文師に名誉神学博士号授与
6.25 65 宗教の自由大会(米国)
8.16 65 「一勝日」宣布(米国)
8.20 65 ダンベリー刑務所出監
8.20 65 「神と自由のバンケット」
8.20 65 聖水伝授式
8 65 ソ連帝国崩壊を宣言
9.3 65 週刊「インサイト」発刊(米国)
11.15 65 第1回世界宗教議会(85ヶ国参加)
12.11 65 帰国歓迎晩餐会(韓国)
12.12 65 最高十字正義騎士賞受賞
12.16 65 国際勝共安保決意大会(韓国)
12.24 65 月刊「World&I」発刊(米国)
12.27 65 成和神学校、文教部認可
1986 2.28 66 人権侵害裁判(東京地裁・根本久裁判長)で統一教会員が勝訴
3.3 66 成和神学校開校(韓国)
3.14-20 66 教授招請講演会(韓国5大都市)
4.12 66 祝福2世36組聖婚式
4.12 66 南平文氏全国宗親大会
7.10 66 第1回青年宗教者奉仕団
7.21 66 世界著名大学教授巡回講演(韓国201ヶ所)
7.28 66 第1回世界教授全国巡回講演(日本)
8.1-17 66 ファクト・ファインディング・ツアー
8.10 66 国際クリスチャン教授協会、「新しい神観の探求」を著す
9.18 66 「国際文化功労十字章」受賞
10.1 66 日韓トンネル調査斜坑起工式
10.11 66 全国大学教授学生南北統一運動連合(略称・教学統連)創立(韓国)
11.21 66 米国統一神学校、学位認定認可
12.31 66 米国カウサ会員1千万人署名達成
1987 1.15 66 「教学統連」創設(日本)
2.9- 67 第1次「大学教授統一原理7日修練会」
3.28 67 第1回民族統一学術会議(韓国)
5.15 67 南北統一連合国民連合創設大会(韓国)
5.31-6.4 67 第1回「世界平和のための頂上会議」(韓国)
6.7 67 関根文之助・元高千穂商科大学長、「日韓交流の歴史をたどる」を著す
7.5 67 桜田淳子氏の談話「美術世界」掲載
7.11 67 韓国教授海洋修練会
8.8 67 ベルリンの壁撤去デモ行進
9.1 67 スパイ防止法制定促進国民会議、「誰にもわかるスパイ防止法」著す
10.7 67 中屋健一・東大名誉教授、「歴史にみるマルクス主義」を著す
12.4 67 勝共運動を応援する会「私の見た勝共運動」を著す
1988 1.15 67 札幌で監禁された吉村正さんの人権を守る会、「守れ!人権」を著す
2.10 67 帝国書院、「新宗教の世界」を翻訳出版、4頁にわたり統一教会解説
4.8 68 東西南北統一運動国民連合創設大会(日本)
5.31 68 九嶋勝司・元秋田大学長、「見えざる存在」を著す
7.20 68 統一教会、「私は拉致・監禁された」を著す
7.27 68 中国・王震国家副主席が梶栗玄太郎国際ハイウェイ理事長と会見
9.27 68 世界文化大祝典を提案
10.3 68 「世界統一国開天日」宣布
10.7 68 韓国トンネル調査ボーリンク
10.30 68 6500組国際合同結婚式(韓国)
12.26 68 共産党「宮本リンチ殺人」言論裁判で共産党が訴えを取下げ、終結
1989 1.7 68 辰巳直人宣教師、南アフリカで殉教
1.11 68 祝福2世72組聖婚式
1.12 68 1275組国際合同結婚式
2.1 68 韓国「世界日報」発刊
2.11 69 韓鶴子女史・御言選集「愛の世界」出版(光言社)
3.23 69 第10回「世界言論人会議」(米国)にソ連ジャーナリストが初参加
5.24 69 清水馨八郎・千葉大名誉教授、「世紀のプロジェクト」を著す
6.23 69 韓国プリチャッキ連合会総裁就任
7.21 69 ソ連週刊誌「新時代」、文師の理念に全面的理解を示す
8.20 69 「天の真の子女権復帰時代」宣布(米国)
8.31 69 「八定式」制定(アラスカ)
9.1 69 「天父主義」宣布(アラスカ)
9.3 69 馬術競技場「NewHopeFarm」竣工式
10.2 69 衛星通信「ユーワン・テレビジョン」開局(日本)
10.15 69 ソ連言論人、日本統一教会を訪問
10.27 69 4年制「鮮文大学校」認可
11.3 69 成和大学本館竣工式(韓国)
11.7 69 洪順愛ハルモニ(テモニム)昇華式
1990 1.17 69 米国統一神学校、永久認可
2.1 70 古希記念祝賀会(韓国)
2.20 70 真の父母歓迎大会(韓国)
3.15 70 台湾政府、統一教会の伝道公認
3.18 70 真の父母歓迎大会(米国)
3.27 70 「真の母」勝利宣言
4.10-13 70 モスクワで第11回世界言論人会議
4.11 70 ゴルバチョフと会談(クレムリン宮殿)
4.30 70 真の父母宣布
7.21-29 70 日ソ学生親善セミナー(日本)
7.22 70 全国学生1万人大会(日本)
7.22 70 外交評論家・井上茂信氏、「ゴルバチョフと文鮮明師」を著す
7.23 70 ソ連学生訪日団、中曽根元首相を訪ねて歓談
8.15-20 70 第2回世界宗教議会に世界70か国参加、「サンフランシスコ宣言」採択
9.1 70 米ユニバーサルバレエ・アカデミー開校、キーロフ劇場総指揮者・ビノグラードフ氏が指揮者に就任
9.7 70 ワシントンTVセンター開所
9.20 70 福田信之・元筑波大学長、「21世紀の希望と統一運動」を著す
10.12 70 モンゴル人民革命党機関紙「ウネン新聞」、文師の理念と業績を紹介
10.15 70 ソ連代表ジャーナリストら、日本統一教会を表敬訪問
10.30 70 近藤正栄・神奈川大教授、「神主義への道」を著す
11.17 70 「天地転換式」宣布
12.14 70 真の父母宣布大会(日本)
1991 3.1 71 五十嵐一・筑波大助教授、原研機関紙に「イスラム教とは何か」を掲載
4.19-23 71 ソ連・東欧の大学教授25名、統一原理セミナーに参加(ハンガリー)
4.20-23 71 タイ国政府要人、国立大学長等29名、日本統一教会を訪問
4.21 71 文師、ブラジルより勲章授与
4.24 71 文師、ラカージェ・ウルグアイ大統領と会談
4.26 71 文師、ウルグアイで講演、閣僚、国会議員、最高裁長官ら約千名参加
4.29- 71 世界指導者会議、ソ連15共和国の指導者が文師と統一運動を支持
7.1 71 「7.1節」宣布
7.7 71 ソ連で統一原理研修会
8.10 71 ブラジル国営テレビ、「文鮮明先生と統一運動」全国放映
8.10 71 池田和義・大阪大名誉教授、「神と万有と詩の世界」を著す
8.27 71 世界平和宗教連合創設
8.27 71 「世界経典」出版
8.28 71 世界平和連合創設
9.17 71 世界平和アジア婦人連合大会、元東大学長・林健太郎氏激励の辞
9.18 71 統一教会全国信徒大会(東京)
9.26 71 神山威氏、日本統一教会会長
11.1 71 神渡良平氏、「ゴム草履の宣教師─アフリカに賭けた青春」を著す
11.30 71 文師、北朝鮮を訪問
12.5 71 46年ぶりに還故郷(平安北道定州)
12.6 71 文師、金日成と会見(主席公館)
1992 1.20-24 71 大阪毎日放送、長友清治宣教師夫妻のアフリカ宣教をラジオドラマ化
1.26-2.8 71 CIS(旧ソ連独立国家共同体)の学生3000名が統一原理セミナー参加
1.30 71 韓国各宗派・教団で組織される韓国宗教協議会が文師に感謝杯贈呈
2.15 72 台湾の国立大学長、教授ら19名が日本統一教会を表敬訪問
2.26 72 長友明美氏、「末期ガンからの生還」を著す
3.26- 72 文総裁夫妻、来日
3.31 72 金丸信副総理と会談(東京)
4.10 72 世界平和女性連合(韓鶴子総裁)創設大会、15万人参加(韓国)
4.10 72 1267組世界既成家庭合同結婚式(韓国)
4.10- 72 ロシア政府機関紙「イズベスチャ」が統一原理の解説書10万部出版
4.18 72 「真の家庭復活の日」宣布
4.15 72 金日成主席、世界平和連合代表団と会談(15、19日)
5.10 72 天地正教・川瀬カヨ教主に、弥勒は文鮮明師であると空海からの啓示
5.11- 72 韓女史、韓国21ヶ都市講演
5.20 72 メコン社によるベトナム初の国産自動車工場が操業開始
6.15 72 福田信之・元筑波大学長、「文鮮明師と金日成主席」を著す
6.18- 72 訪韓済州島修練会開始
7.17 72 末吉重人氏、「統一教会のイエス像」を著す
7.19 72 「週刊読売」が神山・統一教会会長のインタビューを掲載
7.28 72 女優・桜田淳子、婚約発表記者会見
8.12 72 国際合同結婚式を支持する学者・文化人の会が新聞社に意見広告
8.19- 72 第1回「世界文化体育大典」
8.20 72 科学統一国際会議で、原子力研究のワインバーグ博士らが講演
8.22 72 世界言論人会議で、英国の歴史家ポール・ジョンソン氏らが講演
8.22 72 世界平和頂上会議で、エドワード・ヒース元英国首相らが講演
8.24 72 「メシヤ宣言」
8.25 72 3万組国際合同祝福結婚式
9.24 72 世界平和女性連合、日本創設大会(東京ドーム)、5万名参加
10.20 72 世界平和女性連合米国支部創設、レーガン長女、サダト夫人ら参加
10.20- 72 韓女史、米国8ヶ都市講演
10.26 72 「天上天下統一式」宣布
11.- 72 「在日同胞統一原理セミナー」発足
11.11- 72 韓女史、欧州8ヶ都市講演
11.22- 72 韓女史、世界巡回講演
12.16 72 文孝進師、ロック・フェスティバル、6000名大会(東京NKホール)
1993 1.1 72 成約元年を宣布
1.7 72 氏、日本統一教会会長
2.1-7 73 世界平和宗教連合、ニューデリー会議(インド)
4.7 73 佐々保雄・北大名誉教授、「日韓トンネルプロジェクト」を著す
4.8 73 TV局取材陣、統一教会員桜田淳子さんを負傷させる(全治2週間)
4.9 73 信教の自由と人権を守る東京大会
4.21 73 元新体操選手山崎浩子さん、記者会見で統一教会脱会を表明
5.1 73 「氏族FAX-News」開始
5.1 73 太田朝久氏「統一教会の正統性」を著す
5.26- 73 韓女史、米国44ヶ都市講演
6.1 73 統一教会、「強制改宗」を著す
7.28 73 韓女史、米国連邦議会で講演
8.1 73 「還故国の日」宣布(8.1節)
8.30 73 野村健二氏、「イエスの福音とパウロの福音」を著す
9.7 73 韓女史、国連で講演
9.11- 73 韓女史、日本25ヶ都市講演
9.14 73 韓女史、東京ドームで5万名大会、クエール夫人、エバマリア妃等参加
10.1 73 クリサイディス博士の「統一教会の現象学的考察」、日本語訳発行
10.4- 73 韓女史、韓国40大学講演
10.31 73 韓女史、韓国国会で講演
11.2- 73 韓女史、世界40ヶ国講演
12.22 73 韓女史、台湾国会で講演
1994 1.8- 73 日本女性指導者特別修練会
2.12 73 国際学生指導者会議(ロシア)
3.27-29 73 第2回世界平和会議でゴルバチョフ元大統領が演説(ソウル)
5.1 74 統一教会創立40周年記念
5.6 74 小山田秀生氏、日本統一教会会長
5.25 74 鳥海豊氏、「監禁250日証言『脱会屋』の全て」を著す
5.30 74 徳田敦子氏「やっぱりこの人が一番」を著す
7.14 74 高坂満津留氏、「ついに解明された1999年」を著す
7.26 74 世界平和青年連合創立大会
8.1 74 海洋摂理20周年記念式典
10.14 74 米国政府、韓鶴子女史の講演を記念して国民の祝日「父母の日」制定
11.7 74 洪順愛・大母様記念館開館
12.21 74 戸丸廣安氏「世界最強の新聞」著す
1995 1.11- 74 第1回日本男性幹部特別修練会
2.5 75 文仁進女史、世界初の「祝司長」に認定(米国)
2.5 75 作家田井友季子氏、「神の代辯者」を著す
3.26- 75 朴普煕博士、希望の日講演開始(日本)
3.30 75 「サンパウロ宣言」(ブラジル)
4.3 75 「新しい希望農場宣言」(ブラジル)
4.7 75 「祝福家庭に関する宣言」(ブラジル)
5.1 75 第2次40年路程出発
5.1 75 天地解放式(ブラジル)
5.1 75 在米ジャーナリスト・横山裕史氏「世界を救う東洋の波」著す
6.7 75 桜井設雄氏、日本統一教会会長
7.23 75 全米で「父母の日」を祝賀
8.18- 75 第2回世界文化体育大典(WCSF)
8.25 75 36万組国際合同祝福結婚式
9.5- 75 全米16ヶ都市講演
9.7 75 名誉人文博士号授与
9.14 75 ブッシュ前大統領夫妻、韓鶴子女史の大会で講演(東京ドーム)
10.1 75 月刊「ムーンワールド」発刊
11.5- 75 世界16ヶ国巡回講演
12,5 75 「世界家庭」発刊(日本)
12.14 75 世界平和青年連合日本大会
12.29 75 統一教会編纂の中学生用「宗教1・2・3」、高校生用「宗教1・2」が韓国で教科書として認定される
1996 1.23 75 983組国際合同祝福結婚式
2.14- 75 「清平特別修練会」開始
2.19 75 世界大学連合創設(ウルグアイ)
2.24 76 久保木修己・世界平和連合会長、回顧録「愛天愛国愛人」を著す
4.1 76 CARP、「拉致監禁120日間」出版
4.5 76 世界平和島嶼国家連合創設大会(日本)
4.18 76 横山裕史氏「地球革命」を著す
5.24 76 増田善彦・鮮文大院長「マインドコントロールの虚構と正体」を著す
6.26 76 石井光治氏、日本統一教会会長
6.28 76 新救国連合創設(ウルグアイ)
7.30 76 世界平和家庭連合創設会議
8.1 76 自民党本部で日韓トンネル構想の勉強会(自民党外交調査会)
8.20 76 世界平和半島国家連合創設
8.30 76 世界平和大陸国家連合創設
9.10 76 世界平和家庭連合185ヶ国結成大会(日本)
10.15 76 韓鶴子女史講演集「地球家族」出版
11.2 76 小出浩久医師、「人さらいからの脱出」を著す
11.23 76 「ティエンポス・デル・ムンド」紙創刊(アルゼンチン)
12.11 76 米国統一神学校、MSA正式大学院に認可
1997 3.23- 77 世界平和武道連合創設
4.12 77 文氏韓氏宗親摂理的結成大会
6.7 77 鳥取教会が襲撃され、統一教会の女性信者が拉致される
7 77 世界平和家庭連合を「世界平和統一家庭連合」に改称
8.9 77 天地父母天宙安息圏宣布
9.11 77 「第4次アダム圏時代」宣布
9.26 77 オアシス「StandByMe」のCDジャケットに合同結婚式写真を使用
10.13 77 「訓読会」を命名
11.20 77 文師の大会を批判したワシントンポスト紙に対して、キング牧師元顧問等ら200人が抗議デモ
11.23- 77 第3回世界文化体育大典(WCSF)
11.28 77 世界平和宗教会議でイスラム最高指導者ファラカン師らが講演
11.28 77 1万名純潔行進大会(米国)
11.29 77 朴普煕・ワシントンタイムズ会長、「証言」を著す
11.29 77 4000万組世界祝福式および第1次霊人祝福式
12.1 77 霊界祝福時代開門式
1998 1.1 77 日本、エバ国家から「母の国」となる
3.12 77 統一教会に対する告発をフィリピン司法長官が事実無根として棄却
3.14 78 江利川安栄氏、日本統一教会会長
3.26 78 名古屋地裁(稲田龍樹裁判長)、元信者らの請求を棄却、統一教会が勝訴
4.1 78 世界平和統一家庭連合を「真の家庭運動推進協議会」に改称(日本)
4.17 78 「長子権、父母権、王圏開門宣布」
4.18 78 日本純潔同盟創設大会
4.25 78 李相軒師の霊界メッセージ「霊界の実相と地上生活」発行(光言社)
5.4- 78 リトルエンジェルス北朝鮮公演
5.15 78 「地獄の悪霊人たちの解放式」
5.26 78 「奉献転換式」宣布(米国)
6.3 78 岡山地裁(小沢一郎裁判長)、違法な勧誘で入信したという元信者の請求を棄却、統一教会が勝訴
6.11- 78 世界文化体育大典(WCSF98)
6.13 78 3億6千万組第1次世界祝福式
6.13 78 「告天文と霊肉界の統一祝福式」宣言(米国)
8.4 78 ピュアラブ98ジャパンツアー
9.8 78 「4.4節」宣布(アラスカ)
10.5 78 全体解放統一宣布(ブラジル)
12.7 78 特別霊界解放式(日本・尾瀬)
12.8 78 特別天地祝福式(日本)
12.15 78 久保木名誉会長、昇華式
1999 1.7 78 「復帰摂理完了」宣布
1.8 78 「真の祝福天宙化とサタン血統根絶完成解放」宣布(ウルグアイ)
1.14 78 大塚克己氏、日本統一教会会長
1.17- 78 真の家庭世界化前進大会(韓国8ヶ都市)
1.30 78 入江道雅・青学大名誉教授等、「真の家庭主義の提唱」を著す
2.1 78 韓国世界日報創刊10周年、金大中大統領・朴浚圭国会議長らが祝賀
2.4- 78 世界文化体育大典(WCSF99)
2.6 78 世界平和超宗教超国家連合創設
2.7 78 3億6000万組第2次国際合同結婚式
2.11-3.4 78 真の家庭世界化前進大会(日本16ヶ都市)
2.12- 78 直系7代先祖解怨式(清平)
3.19- 79 真の家庭世界化前進大会(米国24ヶ都市)
3.20 79 ワシントンDC市長「真の愛と家庭の日」宣言
3.21 79 サタン完全(自然)屈服の日
3.27 79 モスクワ市裁判所、入信で洗脳されたとの反カルト団体の訴え退け、統一教会が勝訴
4.12- 79 真の家庭世界化前進大会(世界32ヶ国)
4.20- 79 全日本食口特別修練会(清平)
5-6 79 第1次純潔キャンペーン
5.14 79 天宙解放式(ブラジル)
5.30 79 真のご父母様地球星勝利祝賀宣布
6.14 79 真のご父母様天宙勝利祝賀宣布
6.14 79 韓女史、表彰牌授与
7.27 79 「源焦聖地、根源聖地、勝利聖地」奉献式(ブラジル)
8.17 79 「神様の全体全般全権全能の日」宣布(アラスカ)
8.27 79 阿部美哉・国学院大学長ら、宗教活動を規制する日弁連意見書を批判
9.1 79 魚谷俊輔氏、「統一教会の検証」を著す
9.9 79 「天地父母天宙統一解放圏」宣布
9.9 79 米国務省、統一教会信者に対する拉致監禁を日本の警察が取り締まらないのは人権侵害であると指摘
9.10 79 「3.10節」宣布(韓国)
10.7 79 鳥取教会襲撃事件につき、統一教会が全面勝訴。
10.10 79 「2.10節」宣布(ウルグアイ)
10.16- 79 直系8〜14代先祖解怨式開始
10.23 79 「総天宙祝福解放日」宣布(米国)
10.24 79 第4次アダム圏時代到来宣布
11-12 79 第2次純潔キャンペーン
11.7 79 天城旺臨宮殿奉献式(韓国)
11.12 79 文榮進様世界昇華式(韓国)
11.20 79 1200名の牧師が文師夫妻をバンケットに招待(シカゴ)
12.12- 79 直系1〜7代先祖祝福式開始
2000 1.22 79 文鮮明師80歳祝賀(米国)
2.2 79 米国世紀賞授賞(米下院議員会館)
2.7 79 ジャーナリスト室生忠氏、強制改宗の実態について『創』で連載開始
2.9- 79 世界文化体育大典(WCSF2000)
2.10 80 御聖誕80周年記念式典(韓国)
2.10 80 「日本統一運動史」発行(日本)
2.11 80 世界指導者会議でクエール元米副大統領、ヒース元英首相ら講演
2.11 80 「文鮮明先生御言選集」300巻出版記念会(韓国)
2.13 80 4億組第1次国際合同祝福結婚式
2.13 80 天宙平和統一家庭堂創設
3.31 80 文顕進氏、世界原研会長
4.20 80 田中節夫警察庁長官、統一教会信者に対する拉致監禁事件について厳正に対処すると発言
5.15 80 米UPI 通信社が統一教会系企業NewsWorldComunications社に売却
6.17 80 「海洋還元式」宣布(米国)
6.23 80 韓鶴子女史、グランプリ平和賞受賞
6.24 80 「陸地還元式」宣布(韓国)
6.29 80 「天宙還元式」宣布(韓国)
7.24- 80 第1次「入籍のための祝福家庭婦人特別21日修練会」(韓国)
7.27 80 世界平和超宗教超国家連合日本創設記念大会
8.17- 80 アセンブリ2000(国連本部)
8.31 80 統一教会信者に対する「強制改宗」は不法行為、協力牧師も連帯して責任を負うとの判決(鳥取地裁)
9.12 80 「総解怨秋夕」(陰8.15)
9.24 80 第1次「3時代大転換四位基台入籍統一祝福式」(韓国)
10.2 80 「聖所巡礼訓読ツアー」開始(日本)
10.14 80 「興南収容所解放50周年記念式及び霊界解放」(韓国)
10.14 80 ルイス・ファラカン師が祝賀会を開催、文師に記念楯贈呈(米国)
10.16 80 ファラカン師、100万人大行進で統一教会の祝福式を挙行(米国)
10.19 80 衆議院第一議員会館で「宗教の自由に関する集い」(日本)
10.20 80 世界NGO協会(WANGO)国際会議、105か国参加(国連本部)
11.10 80 世界日報、電子新聞を発行(日本)
12.15- 80 北朝鮮金剛山歌劇団がリトルエンジェルス会館で初公演
2001 1.13 80 神様王権即位式(韓国)
1.15- 80 第18回世界言論人会議(日本)、クエール元米大統領等参加
1.19 80 ブッシュ大統領就任祝賀祈祷会に宗教指導者ら1700名が参加
1.26- 80 世界文化体育大典(WCSF2001)
1.27 80 国連本部で合同結婚式挙行
4億組第2次国際合同祝福結婚式
2.25- 81 全米50州講演会開始
3.25 81 四大聖人を迎え霊界人と地上人をつなげる儀式(米国)
4.1 81 文師日本留学60周年記念聖所巡礼訓読ツアー(日本・高田馬場)
5.3 81 文信禮様世界昇華式(韓国)
5.8 81 黒人聖職者2500名集会、「ハーレム宣言」(カナン・バプテスト教会)
5.15 81 米国連邦議会下院議員会館で「生涯功労賞」受賞晩餐会
5.27 81 60組超宗派聖職者祝福結婚式
6.11 81 小山田秀生氏、日本統一教会会長
7.13 81 文師、国会の招請で講演、国会議長ら700人の議員・政府関係者らら参加(韓国国会議員会館)
7.29 81 「天宙解放のための五旬節」宣布
9.22 81 米国テロ事件に対し、ニューヨークで1000名の超宗教祈祷集会
10.19- 81 アッセンブリ2001(米国)
10.29- 81 文総裁「天宙平和統一国韓国大会」(韓国8ヶ都市)
11.5- 81 韓総裁「天宙平和統一国日本大会」(日本8ヶ都市)
11.15 81 天宙平和統一国(天一国)宣布
2002 2.14- 81 世界文化体育大典(WCSF2002)
2.14- 81 アッセンブリ2002(韓国ソウル)
2.16 81 4億組第3次国際合同祝福結婚式
2.17 82 御聖誕記念式典
2.22 82 統一教会勝訴(広島高裁松江支部)
3.1 82 霊界肉界総統一宣布式
3.16 82 国際指導者セミナー開始
3.28 82 世界平和純潔民族連合創立
4.4 82 「6000年役事大解怨式」(米国)
4.13 82 「元一統一世界の到来」宣布
4.27 82 14万4千組超宗派国際聖職者祝福結婚式
5.15 82 渡辺久義教授、「善く生きる」を著す
5.21 82 ワシントンタイムズ創刊20周年記念晩餐会
6.21 82 天地父母統一安着大会
7.3 82 超宗教国際祝福結婚式(米国)
8.4 82 世界イスラム指導者会議(英国)
8.13 82 天地父母統一安着生活圏大会
10.18 82 WANGO年次総会(米国)
11.5 82 第43回真の子女の日、家庭盟誓各文頭に「天一国主人」を付加
12.9 82 日韓米平和大使会議(ハワイ)
12.26 82 「神と世界平和」に関する会議(米国)
2003 1.19 82 清平役事7周年記念及び500次特別修練会(韓国)
1.26 82 「自主国勝利圏時代」宣布(ハワイ)
2.4-6 82 世界平和サミット会議(韓国)、3名のノーベル平和賞受賞者、国家元首らが参加
2.5 82 清心(チョンシム)病院奉献式(韓国)
2.5 82 プロサッカーWPK杯が記者会見
2.6 83 天地父母様天一国開門祝福聖婚式
2.6 83 天宙天地真の父母様平和統一祝福家庭王即位式
2.6 83 真の父母生誕記念式
2.12 83 韓国世界日報が龍平リゾート買収
2.13- 83 世界日報創刊1万号記念(日本)
2.20- 83 第20回世界言論人大会
2.27- 83 中東平和イニシャチブ(米国)
2.28 83 統一教会勝訴(名古屋地裁)
3 83 月刊誌「女性朝鮮」が韓女史を特集
3 83 携帯DRAMAの広告に薫淑女史起用
3.10 83 天宙平和統一家庭堂結成
5.4 83 主管圏大転換式の日宣布
5.10 83 正午定着解放、地上天上万国解放万世解放万主人の解放宣布
5.18 83 米キリスト教牧師131人ととユダヤ教ラビが和解の「エルサレム宣言」
6.19 83 自民党外交調査会、日韓トンネル研究会会長等を呼びヒアリング、「技術的に可能」との見解で推進
6.24 83 平和大使150名に米国議員が「優秀指導者賞」を授与(下院議員会館)
6.27-29 83 中東平和イニシアチブ(IIFWP主催)開催、「ワシントン宣言」
7.10-13 83 世界文化体育大典(WCSF2003)
7.13 83 4億組第4次国際合同祝福結婚式
8.11-15 83 韓国で世界指導者サミット(IIFWP主催)開催、「ソウル平和宣言」
10.1-3 83 超宗教超国家平和協議会(IIPC)創設大会(米国)
10.15 83 超宗教超国家平和協議会(IIPC)韓国本部大会(ソウル)
11.27 83 名古屋高裁、統一教会の献金の正当性を認め返還請求を棄却
12.22 83 ユダヤ教の聖地とイスラム教の聖地を3000人が平和行進
2004 1.26-29 84 世界サミット会議(韓国)
1.28 84 大阪地裁、統一教会信者を監禁した高澤守牧師らの違法性を認め、信者が勝訴
3.22 84 中曽根康弘元首相、世界平和連合の大会で講演
3.23 84 「真の父母の戴冠式」(米国議会上院オフィスビル)
7.4 84 平和統一連合創設(東京)
7.23-26 84 世界文化体育大典(WCSF2004)
7.26 84 4億組第5次国際合同祝福結婚式
8.20 84 文師、国会図書館で平和統一講演会、韓国大統領統一顧問らより「平和の王」に推挙さる
8.28 84 井口康雄氏、アメリカ裁判の不当性を訴え40日断食(8回目)を完遂
9.6 84 平和統一連合・愛知県本部結成大会、韓国統一部前長官ら参加
9.11 84 町田松夫氏、アメリカ裁判の不当性を訴えアメリカ大陸横断を完遂
9.15 84 米国務省、統一教会信者に対する拉致問題に警察が無関心である問題を指摘
9.16 84 ワシントンタイムズ・アビエイションと米シコルスキー社が金浦の航空事業共同開発を合意
9.23 84 ソウルで蒙古斑同族世界平和連合(MPFWP)創設
10.2 84 日本統一教会総務局、「文鮮明師の著作権」(光言社)を出版
10.3 84 天宙統一国開門宣布
10.4 84 講談社「月刊現代」がルポライター米本和広氏の記事「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」を掲載
10.15 84 清野清・元国際勝共連合会長、「日本共産党を論破する」を著す
10.22 84 最高裁(梶谷玄裁判長)が、統一教会の献金を合法と認め上告棄却、統一教会が全面勝訴
10.26-30 84 文師、米国4か都市で講演、多数の聖職者が文師をメシヤとして証言
11.30-
12.3
84 第2回蒙古斑同族世界平和連合大会、韓国元首相ら参加(韓国・龍平)
12.13 84 文師の「コモン・レガシー朝食サミット」にブッシュ大統領がメッセージ
2005 1.11 84 郭錠煥・統一グループ会長が韓国プロサッカー連盟会長に就任
2.14 85 第5回世界サミット(IIFWP主催)で文師夫妻に「天宙統一平和の王」戴冠
4.10-15 85 国際指導者会議(ワシントン)
4.27-5.1 85 根本先祖(平和の王)侍衛教育大会、52か国3万4000名参加
6.19 85 「平和統一連合」東京本部結成大会、民団・朝総連代表者ら3000名が結集
6.26 85 文師、全米4大都市講演ツアー
7.29-8.2 85 世界文化体育大典(WCSF2005)
8.1 85 4億組第6次国際合同祝福結婚式
9.10-14 85 国際指導者会議(ニューヨーク)
9.12-12.23 85 文師、世界100か都市講演
12.27 85 文鮮明総裁120か国天宙平和連合創設帰国歓迎大会(韓国)
12.29 85 世界平和国際合同交叉祝福式
2006 2.2 85 天宙平和連合世界大会(韓国)、7万人参加、李寿成韓国前首相ら講演
2.3 86 文師夫妻聖誕記念日、4千名参加、ネパール国会議長らが祝賀
3.21 86 アジア太平洋島嶼国家パートナーシップ(千葉)、国会議員40名を含む5万名参加
3.23 86 最高裁(上田豊三裁判長)、統一教会信者拉致事件で下級審の加害者勝訴を認めず和解勧告、信仰の自由を拘束しない旨の和解成立
3.25 86 祖国郷土還元大会(韓国・鮮文大)、10万名参加
3.27 86 韓国国会(図書館大会議室)で天宙平和連合創設記念講演会、国会議員ら500人参加
5.13-24 86 祖国郷土還元日本大会(12か都市講演ツアー)
5.21 86 中東平和イニシアチブ(エルサレム)
5.26 86 祖国郷土還元フィリピン大会、下院議長ら3500名参加
5.29 86 週刊朝鮮、統一運動の紹介記事
6.7-9 86 アジア太平洋島嶼国家サミット(台湾)、国会議長・元首相ら参加
6.10-12 86 世界平和サミット(ソウル)、アフガン副大統領、現元大統領・首相ら300人参加
6.13 86 「天宙平和の王」戴冠式
7.12 86 ミリンゴ大司教、記者会見(韓国)
6.30 86 NPO法人・日韓トンネル研究会会長に野沢太三・元法務大臣が就任
8.9 86 大塚克己氏、日本統一教会会長
8.20 86 「天宙平和祖国郷土天地還元勝利釈放大会」(韓国)、元国会副議長、元統一相ら3万名参加
9.14 86 世界平和講演ツアー(英国)
2007 2.22 86 「世界平和のための太平聖代平和交叉・交体祝福結婚式」
2.23 87 文師夫妻聖誕記念日、190か国から3万名参加、ダライ・ラマ14世ら祝賀
3.11 87 米雑誌「ワシントンポスト・マガジン」、ミリンゴ大司教の記事掲載
4.20 87 太田洪量・元勝共連合会長、パラグアイで誘拐後、解放
5.14 87 日韓トンネルのシンポジウム(釜山)に野澤太三会長(元法相)参加
5.17 87 ワシントン・タイムズ創刊25周年記念、ブッシュ大統領、潘基文国連事務総長、サッチャー元英首相らより祝賀
7.1-10 87 世界文化体育大典(WCSF2007)
7.14-17 87 世界平和指導者・清平セミナー
8.28 87 世界統一家庭党、発足
9.6 87 平和外交フォーラム(東京)
9.21-24 87 天宙平和連合・第3回年次総会(米)、190か国の要人参加、マーチン・ルーサー・キング3世ら講演
10.4 87 盧武鉉大統領、平壌訪問で平和自動車を視察
10.23 87 「米国と国連に関する国際シンポジウム」(米)
10.24 87 米UPI通信、創設100周年
11.8-12 87 国際指導者会議(米)に67か国参加、ガンジー世界平和財団会長ら講演
11.11-21 87 韓鶴子UPF共同総裁、全米12か都市講演ツアー
12.4-9 87 「中東和平イニシアチブ」第33回セミナー、イスラエルで開催
12.9-13 87 「Global Peace festival 2007」がフィリピンで開催、20万人参加、アロヨ大統領、デベネシア国会議長らが歓迎
(以下、作成中)